網戸を張り替えるときに考えること。

少し暖かくなると使うのは ”網戸”ですね

近年は 真夏には網戸を使う方が減って 秋になるとまた使うというスタイルの方が多いでしょうか。

その網戸について書いていきます。

ただし、私の見解になりますので、一般的な考えとは違う部分があるかもしれません。、参考程度にどうぞ。

 

☆網戸はメッシュが細かければ虫は入ってこない!わけではない。
網戸の張替えのご相談を受ける際に、網目の細かいものにしてほしいという方が増えてきました。
一般的な網戸の網目は 18メッシュ や20メッシュというものになります。
これは 1インチ(2.54cm)の中に何本の網目があるかという数字になります。
つまり 18メッシュとは 1インチの中に18本の網目があるということで、数字が大きくなるほど目は細かくなります。

20メッシュでだいたい 網目の大きさ(虫が通れるおおきさ)は 1㎜程度になります。
では 1㎜の隙間手どのくらいかといいますと 一番入ってきてほしくない 蚊の大きさが4㎜程。

時期になると 出てくる非常に小さなハエ(チョウバエ)が1㎜~4㎜になります。

ここまで読んでいただいてわかるように 普通に考えられる虫は20メッシュで防げるはずなのです。

 

もしも 24メッシュのような細かい網にした場合でも 虫が入ってきたというクレームをいただきます。

なぜでしょう??

 

ご自宅の網戸をよーく見てください。
1mm以上の隙間がほかにありませんか?
引き違い窓の網戸であれば 網戸が動くために レールには戸車だけが接していて、他の部分は空間になっています。この区間は1mm以上あります。

上のレールも 網戸が動くためには 上のレールにも隙間があります。
サッシの枠との接する部分のモヘヤ 等がなくなってしまっていれば隙間ができます。
これがわかっていて 細かい網を張る意味があるでしょうか?

チョウバエが家に多くは行ってこられる家は 網戸のレール部分をよく見てみてください。

いますよね。こういうところや排水溝から入ってくるので 網戸の網ではないのです。

こういうことを説明しないまま 細かい網を高いです!といって春業者さんもみえるそうですが、必要ですか?

☆グレーの網戸とブラックの網戸 ブラックのほうがすっきり外がみえるのは事実です。

網戸の網を張り替える際 ブラックのネットとグレーのネットとどちらにしますか?

と聞かれますか?
数年前まではグレーのネットが標準でした。

でも20年くらい前からは ブラックのネットが標準になります。
それでも、張り替える際に ほかの網戸がグレーだからとグレーの網戸を選択される方もお見えです

どちらも 製品の性能は変わりません。
違うのは見た目だけ。

グレーのネットの場合は 家の中からお外を見ると グレーのネットで外が見えにくいですが ブラックの場合は 家の中から外が見えやすいのですよ。

ただし、デメリットもあります。
グレーの網戸の場合は 黒く 汚れています。
ブラックの網の場合は 白く汚れます。

いろい汚れのほうが少し目立ちますかね。

家全部を張り替えないからとグレーを選ぶのもいいですが、どうせ順番に張り替えるのですから ブラックのネットに順番に張り替えるのもいいとは思いますよ。

 

当社では せっかく張り替えますので お預かりして持ち帰り 網戸外して普段洗えないところも洗って 網を張り替えて ビスの締まりも点検してから 網を張ってお持ちいたします。